ブログ

ブログ

人前で話す場面で困っている20代女性の皆さん!

オシャレなプレゼンをしたい

「今度のプレゼン、頼むよ」と突然上司から言われ
ても、やったことないからという理由では断れませ
んよね。
先輩のパワポのテンプレートを使おうとしても、あ
んまりかわいい画像とか動画とかがない。
それ以前にダサいからテンプレート自体を使いたく
ない。

だったらオシャレなプレゼンをしてはいかがです
か?
仕事だからいつまでもカワイイじゃいけませんよ
ね。
でもやりかたが分からないってこと多いと思いま
す。

だったら思い切って今までのプレゼンを覆す方法
を試してみませんか?
例えば、TEDで見るような話し方ってオシャレだ
と思いませんか?
あれってアメリカ人だけの芸当ではないんです!
日本人にもあんなプレゼンができるんですよ。

まず、原稿を読まない。
そして言葉だけで相手を感動させようと意識する
こと。
相手目線で話すというのは相手が分かりやすい話
を展開するということです。
そこに欠かせないのが論理なんですね。

論理は難しいもの??

論理って堅苦しく聞こえるかもしれません。
よく男性上司から聞かれる言葉かもしれませんが、
別に男も女も関係ないんです。
どちらかというと男女の差ではなく、話し方が洗
練されているかかどうかです。
プロとして話すわけですから、「大人らしい」話
し方が求められるわけですね。

そして、表現に気を使いましょう。
流行り言葉は大人らしい言葉の対極にあります。
周りの人たちと違う表現を使うだけで際立ちます。
そんな言葉をちりばめた原稿をしっかり覚えたら
オシャレだと思いませんか?
これをパブリックスピーキングと言います。

練習したら緊張しない!

舞台俳優は台本を持って現れませんよね?
見えないところでしっかりと覚えています。
実はTEDに出てくる人たちも必ずそうしているん
です。
日本人がプレゼンが下手な理由はそこにあります。
そこだけなんです。

そしてこのやり方の最大の特徴は、緊張感を軽減
してくれるということです。
練習すればするほど、そしてプレゼンの実践を経
験すればするほど当日の緊張は消えていきます。
そして、あまり知られていない事実なんですが、
それが普段のコミュニケーションに影響を与えて
くるんです。
だって論理展開って、いきなりやろうと思っても
できるわけありませんね。
やってみないと身につくはずがありません。

自分の独創性を出すことはあなたの将来を左右し
ます。
せっかく上司から任されたチャンスを自分の手で
生かしてみませんか?
ひょっとすると、あなたが日本のプレゼンを変え
るかもしれません!

 

表現を増やす様々なヒントが書いてあるメルマガ

への登録はこちらからどうぞ  ↓  ↓ 

このメルマガでは、コミュニケーションを20年研究

し、指導実績2万人超えの野中アンディが実生活や

仕事のコミュニケーションの中で生かせることを

お伝えしますので、読むだけで見方が変わります。

 

登録いただいた方全員に、下記内容の特典動画を

プレゼントします!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【第1話】

プレゼンに対する大きな誤解

【第2話】

プレゼンの目的

【第3話】

プレゼン原稿の書き方

【第4話】

分かってそうで分かっていない

コミュニケーション能力のこと

【第5話】

みんなが求めているコミュ力の正体は?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

ライン@始めました。

↓以下をクリック↓

登録特典として、

「相手の気持ちを動かすコミュニケーション

術」の解説動画(約30分)をプレゼントします。