ブログ

ブログ - 2018年1月

コミュニケーション中の判断力を上げるコツ

昨日は聞き方の話をしました。 聞くって簡単なように響きますが意外に難しい。 それを邪魔するのがノイズというやっかいなもの。 いくつかの種類があるんですが、その中の心理的なも のが集中力を失わせます。 だから聞いていても理解できない…

日本でコミュ力が上がる聞き方のたった一つのヒント

日本ではコミュニケーション能力はすなわち聞く力だ と考えている人が多いですね。 あながち間違いではありませんが、それだけではあり ません。 我々人間が行っているコミュニケーションのプロセス は聞くだけではありません。 どちらかとい…

コミュ能力アップに欠かせない言葉の不思議

私たちはコミュニケーションをする際、通常言葉を使 います。 そしてそれこそが人間のコミュニケーションを形作っ ている最大の要素です。 「そんなことは分かり切ってる。いまさら何を!」と いう方もいるかもしれません。 広辞苑ってたくさ…

アンバサダーとビジネスモデル

本来「大使」という意味のこの単語。 最近よく聞きますよね。 職場に設置するコーヒーサーバーにも使われますし、 どこかの町の親善大使のような形で使われることも あります。 コーヒーの場合はコーヒーマシンを無料で設置して コーヒーが入…

意外と知らない日本のコミュニケーション

昨日のブログで日本はレポーターが原稿を読んでばか りという話をしました。 話す側がしっかりと「伝えよう」としていないから原 稿に頼ります。 結婚披露宴での主賓のスピーチでも友人代表でも読ん でばかりでつまならい話ばかりです。 スピ…

まだ原稿を読み上げているのですか?

私は日頃からプレゼンでは原稿を読まないようにと推 奨しています。 それは聴衆の目を見ることで説得力を上げるためです。 プレゼンはコミュニケーションだという考え方が日本 にはまだ定着していません。 今でも結婚式でも入学式でも原稿を読…

新常識!「人は見た目が9割」は実はデタラメ!

そんなタイトルの本もあったようななかったような。 まぁ、ハッキリ言いますとこの割合はデタラメです。 カリフォルニア大学ロサンゼルス校のアルバート・ マレイビアンという教授が行った調査結果で、人間の コミュニケーションで非言語が占め…

上手いコミュニケーションのたった一つの工夫!

コミュニケーションが上手い人! かなり漠然と書いてしまいました。 でもそんな人っていますか? ゴルフが上手い人を説明しようとしたらこれは可能で す。 ベストスコアを聞いてもいいですし、飛距離を見ても 客観的に判断できます。 データ…

人を説得するときに必ず知っておくべき三つのこと

説得というと何だか仰々しいですね。 銀行に立てこもっている犯人に投降するよう言い聞か せたり、自殺を思いとどまらせるために警察がメガホ ンで大声で言ったり... 日本では説得って確かにそんなときに使われる言葉で はありますが、実は…

退職後すぐに就職先を見つけられ、その後もうまくいくためのヒント大公開!

今日のブログは少し年齢層高めの読者のために書いて います。 最近、日本年金機構のずさんな管理のため、そしてい びつな形の人口ピラミッドのため、国が年金受給開始 年齢を引き上げること検討しています。 それに伴い(かどうかは別として)…